うなぎ蒲焼きとは?起源や関東風と関西風の違いなどについてまとめて解説

うなぎ蒲焼きとは、うなぎを甘辛い特別なタレをつけて焼いたもののことです。
起源は、室町時代にうなぎを串に刺して焼いて食べたのが始まりとされ、その形が蒲の穂に似ていたことから蒲焼きといわれるようになりました。
江戸時代の開発で干拓ができ、湿地でうなぎがよく捕れるようになったことから、うなぎ蒲焼きが流行するようになりました。
今日では、土用の丑の日に精力のつく食べ物としてうなぎ蒲焼きを食べます。
関西風は斜めに切ります。
関東風は太く切り濃いタレの味付けです。

うなぎ蒲焼きには違いがある!関東風と関西風の特徴

世界では日本でしか食べられていない食材というものがあり、その代表格がうなぎです。
かなり濃厚な厚みのある身で、江戸時代から土用の丑の日には庶民も大勢で口にしているものとなります。
高齢の方ほど好物だといわれていますが、簡単にここでうなぎ蒲焼きの概要について解説をしていきましょう。
まずうなぎ蒲焼きと一言にいっても大きく分けて2パターンの味があります。
関東風と関西風になりますが、関東風というのは醤油とコショウを薬味にしているタレを炭火にあてながら焼くのがポイントです。
そして調理をするときにも大きなちがいがあり、関東では背中から包丁を入れます。
関西だとお腹に包丁を入れてワタを取り出すわけです。
なぜ背中から切るのかというと、武士の由緒に関わりがある空になります。
武士じゃ切腹をもっとも避ける慣例があり、うなぎ蒲焼きでもそれを連想させないようにしてきました。
調理でも炭を用いることで、いつまでも焦げないことを好みます。

うなぎ蒲焼きのタレは関東と関西で違いはある?

毎年夏の土用の丑の日というと、全国で一斉に同じ食べ物を口にする慣例があります。
それはうなぎであり、炊き上がったばかりの白米のうえにこんがりと焼いた切り身をのせて食べます。
300年ほど前の江戸時代に起源を持っており、滋養強壮に良いといわれるわけです。
うなぎ蒲焼きは一見するとどこでも同じ風味と思われがちですが、じつは関東と関西であるものが異なっています。
それはタレであり、関東だと塩味の透明なものです。
ところが関西なら醤油に砂糖・みりん・日本酒を混ぜこんだ黒いタレで、こちらの方が高い人気を得るようになりました。
うなぎ蒲焼きは淡水の泥の中に生息をする魚で、かなり独特の臭みを持っています。
塩だけで焼いたらそのにおいが残る為、あまり美味しいと感じない人がいるわけです。
その点関西風のうなぎ蒲焼きだと、みりんと日本酒で除去をして醤油味にできるために食べやすいと感じる方が多くなったとも言われる所以となりました。

うなぎ蒲焼きと白焼きの違いは何?

最近、若い世代の間でも和食を好む方が多くなりました。
以前は高級食材の王様的な立ち位置であったウナギでしたが、最近は各地で養殖が盛んとなり、大幅なプライスダウンで買えるようになっています。
通常はウナギというとうなぎ蒲焼きが多いのですが、おなじほどの人気を得ているのが白焼きです。
一体このふたつはどのような違いがあるのでしょうか。
簡単に解説をするとうなぎ蒲焼きは関西風で真っ黒なタレに漬け込みながらが焼いているものです。
反対に白焼きは見た目通りに本来の身の色である白さが際立っています。
関東風と呼ばれるものであり、塩と山椒をまぶして炭火焼にしているものです。
人気は以前はタレのうなぎ蒲焼きでしたが、砂糖と醤油・みりんや日本酒をたくさんつけるために、カロリーが高くなりがちです。
ヘルシー志向が高まりを見せている現代では、塩だけであっさりとした低カロリーを好むようになり、土用の丑の日でもこちらでどんぶりにしています。

うなぎ蒲焼きはいつから食べられている?起源はいつ?

最近、夏以外でもある高級な魚を買いもとめる方が多くなりました。
こたえはウナギであり、日本でしか食べられないという特徴もあります。
夏の土用の丑のときは数多くの人々が専門店にいって食べますが、ここではうなぎ蒲焼きが食されるようになった歴史と起源をご紹介しましょう。
もともとはうなぎ蒲焼きは庶民しか口にしないもので、起源はいまから400年ほど前の江戸時代です。
当時の将軍であった徳川家光が幼い頃から病弱で寝たきりとなることが多く、滋養強壮をつけるために毎日食事に提供をされていました。
江戸では豊富な漁獲量でうなぎがとれたため、今のようなマグロやイワシなどよりも安い価格で手に入ったわけです。
うなぎ蒲焼きは栄養価も高いことがわかり、少しずつ武士や僧侶などでも人気となりました。
しかしたくさんの人が毎日たべることで少しずつ漁獲量が減り、いまでは高級魚の代表格になってあまり手に入らないという存在になったわけです。

うなぎ蒲焼きを食べるときは小骨や皮に気を付ける

自宅に高齢者がいる家庭の場合、毎日しっかりと栄養がとれる食事を出されるものです。
最近人気を得ているのがウナギで、定期的にうなぎ蒲焼きを配膳していることも多いです。
初めて用意をするとき、どんなことに気を付けたらいいのかわからないという方はいませんか。
簡単にご紹介すると、うなぎ蒲焼きは小骨と皮があるので、そのまま年配者に出すのは好ましくはありません。
最初にピンセットや毛抜きを使ってうなぎ蒲焼きから小骨を抜き取るようにしたいのですが、そうすると焼くときに身が崩れてしまうわけです。
つまりうなぎ蒲焼きは焼き上げてから除去をするのがおすすめになります。
表面に焦げ目がついたら身が崩れることがないので、一度炭火から取り出して抜くようにします。
その後、皮を指ではぎ取ってから、今度はフライパンの上で加熱をして焼くわけです。
タレを全体に塗り込んだあとはお茶碗の上でほぐしてご飯と混ぜ込みます。

高齢者におすすめのうなぎ蒲焼きの食べ方

高級食材というものがたくさんありますが、そのなかでも王様的なポジションがウナギです。
世界でも日本でしか口にされていないものであり、誰でも毎年一回は食べるという習慣を持っているものです。
土用の丑の日に口にすることで、1年間を元気に暮らせるといわれるようになったのは江戸時代の後期からでした。
簡単に高級なうなぎ蒲焼きの食べ方をご紹介すると、重箱スタイルにするのが絶品です。
以前はうなぎ蒲焼きというとうな丼になっていましたが、こちらだとタレをしっかりとご飯に絡めることができません。
ところがあまり深みの無い重箱にうなぎ蒲焼きを2段にして詰めて、ご飯を入れることで美味しいタレもしっかりと吸収をさせることが可能です。
高級なうなぎの食べ方は、ベストな状態をしることが大切です。
なお、専門店ではその店オリジナルの盛り付けをされるため、たしかな風味で配膳をされることも明確となり、いいものが体験できます。

うなぎ蒲焼きを使ったおすすめレシピ

年間で1回程度しか食べないというものがあり、多くの方がうなぎをイメージされるものです。
あまり家庭でこの魚を用いた料理はなく、大半が蒲焼にしかできないと思われるわけです。
そこでここでは、うなぎ蒲焼きを使ったレシピをご紹介しましょう。
自宅で一から焼くのはとても手間が掛かるので避けた方がいいものといえます。
最近は冷凍通販やスーパーでも、うなぎ蒲焼きを販売しているのでこちらを活用します。
もっとも好まれるのがだし巻き卵で、卵焼きのなかにうなぎ蒲焼きを入れるというものです。
主食となるご飯だったら、ひつまぶしがおすすめのレシピになります。
炊飯器でご飯を炊き終え、それを丼に入れてうなぎ蒲焼きを混ぜるだけです。
高齢者や幼いお子さんがいる家庭の場合、先に骨抜きをしておくことをおすすめします。
うなぎには細かい骨があるため、そのまま混ぜ込むと喉に刺さる恐れもあります。
あとは醤油にみりんを入れてタレを作ったら完成です。

自宅でうなぎ蒲焼きをおいしく食べる方法

少しでも美味しくて栄養価のある食べ物をたべたい、そう考える方は少なくありません。
以前は高級であまり手に入りにくかったうなぎでしたが、養殖技術が確立をされたことで今ではスーパーでも安価で買い求められるようになりました。
いまから自宅で家族と一緒にうなぎ蒲焼きを焼こうという方もいるでしょうが、自宅で美味しくたべるコツをご紹介しましょう。
うなぎ蒲焼きはすでに調理をされたスタイルで買う場合もありますが、この場合だと少し販売価格が高くなりがちです。
生のまま購入をして調理をする方法の方が同じ金額でもたくさん買うことができます。
焼く際に使用したいのがコンロで、BBQ用の屋外で炭を用いておこなうものが理想的です。
ベランダでBBQをすることもでき、実際にうなぎ蒲焼き以外にもステーキを調理している方もいます。
ウナギなら表面に焦げ目をつけるのがポイントなので、多い目の炭を入れて、強火でしっかりと焼いていくのがコツです。

うなぎ蒲焼きは持ち帰りやお取り寄せで食べるのもおすすめ

最近は自宅に居ながら、全国の銘品を取り寄せることが可能です。
どこの家庭でも一度はお取り寄せをしたことがあるでしょうが、最近はうなぎ蒲焼きが人気を得るようになりました。
国産だと静岡県と鹿児島県でしか天然養殖をされていないので、取り寄せをして美味しいうなぎ蒲焼きを味わいたいという人が大勢います。
ここではおすすめのメニューを簡単のご紹介をしていきましょう。
まずうなぎ蒲焼きをお取り寄せする場合、すでに調理をされたスタイルで購入することが可能です。
蒲焼といってもいろんな形・味で構成をされるため、さまざまなストアを目にするのが理想的です。
はじめてうなぎ蒲焼きを食べるという人には、関西風のものをおすすめします。
甘辛いタレにウナギを漬け込んでおり、それを炭火でじっくりと焼いているわけです。
ご飯によく合うのでどんぶりにされるのが理想的です。
晩酌のおつまみにするのであれば関東風で、塩焼きの綺麗な身を堪能できます。